他社の結婚相談所に入会しているのですが、入会はできますか?









他社の結婚相談所に入会しており、しかしいい出会いがないので他の結婚相談所にも入会したい・・・と思う女性だって少なくありません。
結論から言ってしまうと、これはOKです。
複数社登録しても別に構わないのです。しかし掛け持ちするにはいくつかの注意点がありますから、これを注意しておくと大丈夫でしょう。

同じタイプの相談所へは登録しない

結婚相談所にはサービス内容で2タイプに分かれます。
結婚情報サービス型と、仲介型と呼ばれるものです。
結婚情報サービス型に入会している場合、データでのマッチングであなたと合いそうなお相手を探しているので、同じく情報サービス型の結婚紹介所に登録したところで使っているデータベースが同じなら、同じようなマッチングにしかならないという点です。

ですから同じタイプの結婚相談所には登録しないほうが良いのです。

  • 情報サービス型に入会している人は、次に選ぶのは仲介型の結婚相談所に登録すると良いでしょう。

  • 色々と世話を焼いてくれる仲介方の結婚相談所では実際のあなたを見て、合う人物を選定してくれますし、お見合いなどもセッティングしてくれますから、スムーズにことが運ぶのです。
    また色々な相談にも乗ってくれるアドバイザーも在籍していますから、交際がスタートしてからも相談をすることができます。

    出会いを増やすために複数登録はOK!

    出会いを増やし、結婚したい、子供も産みたい、というのであれば、いくつかの結婚相談所に入会してもなんら問題はありません。
    また結婚相談所と婚活サイトの掛け持ちをしている人も多いようです。
    婚活サイトは毎月3,000円程度の出費なので、結婚相談所と比べると大変リーズナブルに始めることができます。

    しかし入会費が安いということもあって、やらせやサクラ、入会している男性がただの出会いを欲しがっているだけで結婚願望はなかったり、という場合もあります。
    ですから結婚相談所に登録したほうが、結婚を見据えたお付き合いを進めることができるのです。

    • しかし出会いの場を増やすことは婚活では大切なことですから、婚活サイトとかけもちする金銭的な余裕があれば、始めても良いでしょう。

    • 基本的には結婚相談所と結婚相談所のかけもちが理想的です。
      ただし、結婚相談所は入会するだけでもかなりお金がかかりますし、毎月の出費もあります。
      金銭的に余裕がある人しかなかなか掛け持ちで婚活をすることができないというのが殆どなのです。


関連記事

  1. 入会の相談に行きたいのですが、しつこく勧誘されたりしませんか?

  2. 結婚前に契約書を交わす契約婚についての押さえておきたい基本

  3. 気に入った相手に連絡先を上手に聞き出すには

  4. 年上婚の良い点・注意する点

  5. カウンセリングの内容は、どのようなことをするのですか?

  6. 結婚する際におけるマニフェスト婚とは?

PAGE TOP