「会ってみたい」と思わせるプロフィールと写真が最初のポイント!

結婚相談所に入会し、いよいよ結婚のお相手を探す活動が始まります。
まずやることとして、プロフィールの作成や写真の撮影があります。
お相手の目に留まるプロフィールの書き方や、写真の撮影方法についてご説明したいと思います。

プロフィールと写真は、一番初めにお相手が目にされるものです。
あなた自身に会う前に、まずプロフィールと写真を見て「会ってみたい」と思ってもらえないことには、交際まで進めないのです。

ですから、結婚相談所での活動の中で、プロフィール作成と写真撮影はとても大切で大きな役割を担っているのです。
お相手に「会ってみたい」と思わせるプロフィールと写真ができれば、たくさんの出会いが期待できますから、自然と結婚への道のりもより近くなるのではないでしょうか。

異性の目に留まるプロフィールの書き方や写真の撮影方法

魅力的なプロフィールの書き方

相手の方のプロフィールを見る時、たいていの場合はその中の「良い点」を探して見るものです。
ですから、自分のことをただ正直に書き連ねればよいという訳ではないのです。
読んだお相手の気持ちに配慮しながら、魅力ある文章を心掛けて書いてみましょう。

もし自分が大手企業に勤務し、高い年収を得ていたからと言って、そのことをプロフィールの一番最初に持ち出して売り込むような文章では、読んだお相手にあまり好感を持ってもらえない可能性があります。

またお相手の希望を書くときも、「年齢」「見た目」「収入」などを重視するような書き方では、やはり読んだ方に反感を買うことが多いのではないでしょうか。

逆に自分についてマイナスな部分を前面に打ち出すのもよい方法とは思えません。
例えば離婚歴や体型などについて、もちろん嘘はいけませんが、そのことがプロフィールの最初に書いてあったら、読んだ相手に好印象を与えることはまずないでしょう。

誰にでもマイナスな面はあるものです。
でもそのマイナスな部分をいかに前向きにとらえ、結婚に向かって積極的に活動しているということが伝わる文章であれば、きっと読んだ相手もよい印象を持ってくれるのではないでしょうか。

等身大の自分を書きながら、読んだ相手に「会ってみたい」と思ってもらえるようなセンスのある文章が書けると良いと思います。

担当のアドバイザーがいる結婚相談所であれば、できたプロフィールを確認してもらい、より良いプロフィールになるようにアドバイスしてもらうと良いでしょう。

好印象な写真とは?

あなたがお相手のプロフィールを見る時、1番最初に目が行くのはどこでしょうか。

多くの人の場合、まずその人の写真を見るのではないかと思います。
人は外見ではなく中身だと言っても、やはり文章だけでは判断しきない部分があるので、どうしても写真で判断してしまうものです。
ですから、写真の写り方が良くないとそれだけで出会いの数が減ってしまうことになりかねません。

まず大前提として、必ず写真は写真館などのプロの方に撮ってもらいましょう。
結婚相談所が提携している写真館などで、割引をしてくれるようなところもあるようです。
相談所のスタッフに確認してみるとよいでしょう。

そして写真で1番大切なのは「笑顔」であることです。
特に男性は家庭的な女性を求めて婚活をされている方が多いようです。
どんなに美人の女性でも、温かみを感じられなければ好感は持たれないでしょう。

思い切り笑っている写真と言うよりは、優しく微笑んでいるような笑顔の写真があれば望ましいところです。
もちろん男性も仏頂面などもってのほかです。
優しく包容力なありそうな笑顔は、女性の心を引き付けるのではないでしょうか。


PAGE TOP