医師や歯科医と結婚したいなら必見!お医者さんと出会える結婚相談所

いつの時代でも女性に結婚したい相手の職業を尋ねると、必ず上位に挙がってくるのが「医者」「医師」「歯医者」と言ったいわゆるお医者さんです。
では一体どうすれば結婚相手としてお医者さんと出会う事ができるのでしょうか。
普通に生活していたら、医者と患者という関係以上の出会いは望めないように思われます。
こちらでは、お医者さんと結婚相手として出会う方法をご紹介して参ります。

お医者さんとの婚活

女性が医師と出会うための婚活パーティーや結婚相談所は、女性側に大変高額な費用が発生する事となります。
パーティーであれば女性の参加費は15,000円以上ですし、結婚相談所では、入会金は30万円~50万円程になります。
そこまで支払ってでも、医師と出会いたい女性が多いのが現実なのです。
病院で診察を受ける患者としてお医者さんと出会って恋愛に発展する、というようなストーリーを夢見ている方がいるかもしれませんが、現実にはほとんどあり得ません。
なぜなら医師が患者に対して恋愛対象としての目を向ける事は、タブーとされているからです。
あの病院の医師は患者に手を出したなどという噂がたてば、病院の評判にも関わります。
タブー以前の問題として、そもそもお医者さんは診察中は仕事をしているわけですから、患者に対して恋愛感情を持つという事自体が、あまりある事ではないでしょう。
患者側からアプローチするというのも、あまり現実的ではありません。
もしどうしても気になっているお医者さんがいたとしたら、少なくともまわりのスタッフに配慮して、迷惑をかけないようにアプローチするというのが、最低限のマナーと言えます。

お医者さんと出会う方法1 医学生時代に出会う

なかなか簡単ではないかもしれませんが、どうしても医師や歯医者さんと出会いたいと考えるのであれば、医師になる前の医学生の段階で知り合っておくという方法があります。
学生時代から医学生とつながりを持っておけば、社会人になってからも交流を持つことができます。
医学生や医者の世界も狭いので、合コンなどを企画すればその友人である他の医師や医学生が集まる確率も高いでしょう。
医学生が医師の国家試験を受けた時の合格率は90%以上になっていますので、知り合った医学生が医師になる可能性はかなり高いと言えます。
計算高いとも考えられますが、お金もそれほどかからず堅実な方法かもしれません。

お医者さんと出会う方法2 医療関係の仕事に就く

医師と出会いたいのであれば、医師がいる職場に就職するというのも近道です。
自分が医者になるというのはなかなか難しいと思いますが、医療関係の仕事は実に様々な職種があります。
大学や専門学校を卒業しないと取得が難しい資格が必要な場合もありますが、それ以外にも今女性に非常に人気の高い医療事務の資格などは、転職を考えて仕事をしながらでも通信教育などで取得できます。
また病院と言っても規模は様々であり、大規模な病院であれば色々な職種の人が働いています。
受付や社員食堂など、出会いの確率は高いとは言えませんが、そういった立場であっても医師がいる環境で働くという事は可能です。
それに医療機関ではなく、研究機関などにも多くの医師は働いています。
そのような機関で仕事を探すことも、医師と出会う方法の1つです。

お医者さんと出会う方法3 結婚相談所を利用

どうしても医師と結婚したいと強く考えている方は、医師や歯医者などとの結婚を専門にしている結婚相談所へ入会するのが一番の近道かもしれません。
費用は高いですが、そこに入会する事で確実に医師と出会うことができるのです。
そのような医師専門の結婚相談所に登録している医師たちもまた、真剣に結婚したいと考えている方たちばかりです。
もちろん入会時に厳しい審査をしていますので、実は医者ではないなどという人はいませんから、その点も安心と言えます。
また一説によれば、そういった結婚相談所に登録している医師は、自分からなかなかアプローチができないような、奥手のタイプの方が多いようです。
そのため積極的に女性の方からアプローチすると、カップル成立になりやすいとも言われています。

お医者さんと出会いたいと思う女性へのアドバイス

お医者さんと結婚相手として出会うための、いくつかの方法をご紹介しましたが、そもそもなぜ医師と出会って結婚したいのかという事については、もう一度よく考えてみる必要があるかもしれません。
以前あった相談をご紹介します。

30代女性からの相談

私は基本的には家事手伝いをしていて、時々アルバイトをしています。
理想はお医者さんと結婚する事です。
そのために料理を勉強していますし、掃除や洗濯もうまくできると自信があります。
お医者さんは忙しいので、専業主婦で家庭を支えてくれる女性と結婚したいと思っている人が多いと、雑誌で読みました。
私は家事手伝いは誰にも負けないと思うのですが、どうしてお医者さんと出会うことができないのでしょうか?アドバイスをお願いします。

改善すべきポイント1 「時々アルバイト」

仕事をしていないという点については、事情があるのかもしれないので否定はしませんが、時々アルバイトをする程度で、自分の仕事に誇りを持たないような女性には、キャリアのある医師が振り向く可能性は低いのではないでしょうか。
これは医師に限らず、成功を収めている男性であれば誰でもそう考えると思います。
自分にキャリアがある人は、当然相手のキャリアにも注目します。
またそれ以外にも問題はあります。
医師である男性の家族が、時々アルバイトをしている家事手伝いの女性との結婚は、たいていの場合反対します。

改善すべきポイント2 「専業主婦」

専業主婦になりたいというような発言の部分がありますが、男性から見れば最初から専業主婦になりたいと言うのは、夫を支えたいというよりは、仕事をしないで楽をしたいと思っているのではないかと受け取ってしまいます。
ですから専業主婦がいいというようなアピールはマイナスになると考えた方が良いと思います。
またもし開業医であるような場合には、自営業になりますので夫婦が協力していく事が必ず必要になってきます。
ケースによっては医師である夫よりも、妻の経営手腕が必要とされる場面もあるかもしれません。
お医者さんと結婚して楽をしたい、というような考え方では到底成り立たないでしょう。

女性へのアドバイス

この相談者へのアドバイスと言えることは、以上の改善ポイントをふまえた上で、現在家事の勉強をしている時間を、自分のキャリアアップや自分を磨くことに費やしたらいかがでしょうか、という事です。
お医者さんと結婚したいのであれば、お相手の医師がまわりの人の誰にでも堂々と紹介できるような、魅力的な女性になることが必要です。

収入の面やステータスから、お医者さんと結婚したいと考える女性は多いかもしれません。
しかし実際には医師と言うのは精神面や体力面で、大変ハードな職業です。
そのような男性を支えるためには、まずは勉強やキャリアアップで内面から自分を磨く事が必要なのではないでしょうか。
そうすれば自ずとよいご縁が巡ってくるのではないかと思います。


PAGE TOP