結婚相談所に入会するデメリット

結婚相談所に入会する代表的なデメリット

別ページにて結婚相談所に入会するメリットについてご説明しましたが、逆に入会すると困るようなデメリットはあるのでしょうか。

実際には全く問題点がないとは言えないのは事実ですので、ここでご説明します。

入会することで時間を費やします

まず、結婚相談所に入会しようと思った時には、いくつかの結婚相談所の資料を集めたり、それらの相談所に質問や問い合わせ、それに初回のカウンセリングを受けた上で、自分に合った結婚相談所に決めるまでには、かなりの時間を費やすことになるかもしれません。

また入会が決まれば、提出しなければいけない書類を集める必要もあります。
結婚相談所によって提出する書類は異なりますが、一般的には「独身証明書」「収入証明書」「卒業証明書」「住民票」などが必要になりますので、出身校に連絡して書類を受け取りに行ったり、市区町村の役所で手続きをしたりと、様々な手間が発生します。

入会してからも、入会の説明や手続きに続いてカウンセリングを受けるなど、実際のお相手を紹介してもらえる活動に入るまでに、2週間~1か月ほどの時間が掛かります。
とは言っても、このカウンセリングは何より重要であり、これを受けることで自分に合った希望の異性との出会いにつながるのです。

そもそも結婚相手を選ぶと言うことは、結婚相談所に入るか入らないかに関わらず、ある程度の時間が掛かるものです。

真剣に人生のパートナーを見つける気持ちがあるのであれば、貴重な時間を費やすのもやむを得ないと言えます。

結婚紹介所に入会すると費用が掛かります

結婚紹介所に入会することの、最も大きな問題は費用の負担があることではないかと思います。

結婚相談所によっても料金は大きく異なりますが、同じ相談所であっても受けられるサービスなどの違いによって、かかる費用は違ってきます。
入会金に加え、会費をあわせるとおおむね数十万円ほどかかることが多いようです。
しかも、この費用を支払ったからと言って必ず結婚へ結びつくとは限りません。

結婚相談所にかかる費用が高いと感じるか、安いと感じるかは人によって差があるかとは思いますが、数十万円ほどのまとまった金額を支払って結婚相談所に入会する方は、それだけ真面目に結婚について考えていると言えるのではないでしょうか。

考え方によっては、自分で手間暇かけずに、結婚相談所のスタッフが条件の合うお相手を探してくれて、出会わせてくれるのですから、その額も安いと感じられるかもしれません。

アドバイザーとの関係

結婚相談所の担当アドバイザーには、ある程度自分のことを正直に話さないといけない状況になることもあります。

アドバイザーに素直に恋愛の悩みなどを打ち明けることで、信頼関係が生まれさらに親身になったアドバイスを受けることができるでしょう。
どれだけアドバイザーと親しくなれるかが、結婚への道を近づけるコツだとも言われています。

悪徳業者

実際、結婚したいと真剣に考えている人の気持ちを逆手にとってだまそうとする悪徳業者がいます。

結婚相談所の悪徳業者の手法としては、プロフィールに現在活動していない会員のものを載せていたり、会員に扮したサクラを使ったり、更には最初に提示している金額は低いものの、後から追加費用と称して法外な額のお金を要求して来たりします。
もちろんその金額に合った、高いサービスをしてくれるわけではありません。

このような悪徳業者に騙されてしまわないためには、最初に結婚相談所を選ぶ時に複数の相談所から資料を取り寄せるなどしてしっかり調べ、サービスやその費用の内容などのチェックを怠らない事が重要です。


PAGE TOP