結婚相談所のプロフィールにウソはないの?


結婚相談所に入会すると、会員はプロフィールを作成し、そのプロフィールは公開されて異性の方がチェックできるようになります。
そのプロフィールを見て、お相手に会ってみるかどうかを考えるわけですから、それに偽りがあったら困ります。
自分を少しでも良く見せるために、年収を高く書いたりしている人はいないでしょうか。
交際が進んだ状況で嘘が発覚すると言った事があっては困りますし、何より大切な時間のムダ遣いになってしまいます。
結婚相談所のプロフィールに嘘はないのかと言う事について考えてみたいと思います。

独身であることの証明

何よりも許せないのは独身と言っておきながら実は既婚者であったと言うケースです。
一般の出会いにおいてそのようなケースは時に見られ、だまされた女性がつらい思いをすると言う話も珍しいことではありません。
しかし、結婚相談所で出会った相手についてはそのような事はあり得ません。
なぜなら、結婚相談所の登録には「独身証明書」の提出が必要だからです。
男女問わずこれを提出しなければ結婚相談所には入会できません。
「独身証明書」は本籍のある市区町村役所(場)で発行してもらいます。
本籍地が遠方の場合には郵送でも取り寄せる事ができますので、問い合わせてみて下さい。

年収の証明

結婚相談所によっては、男性についてある程度の年収以上あることを条件にしているところもあり、そのような相談所では入会時に年収を証明する書類の提出を求めています。
しかしながら、その他の一般的な結婚相談所ではそこまでの確認はしていません。
ですからプロフィールに書かれている年収が確かかどうかの確約はできないと言えます。
また確かに前年はその年収があったかもしれませんが、今現在も同じ年収があると言う保証もありません。
年収が400万円台であるにも関わらず、女性に人気が高い500万円と書いている人がいないとも限らないわけです。

このように、プロフィールにはちょっとした嘘が含まれている可能性は否定できません。
身長が169㎝の男性が170㎝と書くとか、ホットケーキを焼く程度の女性が趣味をお菓子作りと書くなど、その程度の嘘はあり得ると考えてください。
全くありもしない事や桁違いの嘘は許されるものではありませんが、自分をよく見せるためには許容範囲であると思われる嘘もあるのです。



関連記事


ランキング