婚活コラム

年収1,000万円以上の男性と結婚すれば幸せ?

女性は結婚相手に「年収いくら以上である事」の条件を求める人も少なくありません。
また、資産のある人と結婚した女性は「玉の輿」だと羨ましがられます。
しかし本当にお金が沢山あれば幸せになれるのでしょうか?
幸せはお金で買えると言う事なのか、考えてみたいと思います。

ないよりはあった方がいい

生きて行くのにお金は絶対に必要なものです。
ですからお金はないよりはあった方が良いと言うのは本当です。
一般的な生活水準を維持するためにはある程度のお金は必要ですし、そのお金が足りないような生活は確かに幸せと感じにくいものになってしまうでしょう。

しかし、お金さえ沢山あればその分幸せになれるのかと言えば、その答えはNOと言う事です。
「お金があれば幸せ」と言うよりは「お金があると不幸を回避しやすい」と言う事なのかもしれません。

夫婦喧嘩の原因のひとつが減る

お金が原因となって夫婦喧嘩になってしまう事も少なくないと思います。
お金がないのに夫が飲みにばかり行ったり、妻がブランド物を買ったりすればそれは喧嘩の原因となるでしょう。
そのお金がないせいで、お給料日前に困った事になるかもしれないです。
一方金銭的に余裕のある家庭で同じ事があったとしても喧嘩にはならないか、もしくはなったとしても家計にとっての危機感が違うため激しい喧嘩にはならない可能性が高くなります。

またお金があれば旅行に行ったり外食すると言った余裕も多くなります。
たとえ日常生活は忙しかったとしても、楽しい時間を共有して気分転換することによってイライラする事も減り、つまらない事で喧嘩をしてしまうと言う事も減るかもしれません。

お金があっても借金する

借金と言うとお金がない人がするものだと思われがちですがそうとは言い切れません。
しかもお金を持っている人がする借金は桁が違うようなことさえあります。
お金のない人が生活に困ってするような借金は何万円何十万と言うような範囲だと思いますが、お金のある人は大きな買い物をするためにお金を借りることが多く、借金も財産のうちだと言うような考えの人もいます。
ある調査によれば高給を稼いでいる人の方が自己破産率が高いと言う結果が出ています。
財産があったり高給を稼ぎながら、普通の金銭感覚を持ち続けるのはなかなか難しいことなのかもしれません。
そう言った意味でも、お金を持っているから幸せになれるとは言い切れません。
お金とはなかったら困るものですが、あればいいという訳ではなさそうです。


関連記事

  1. 離婚率の低い都道府県は?

  2. 男性が結婚したい女性の職業は

  3. 結婚率の高い都道府県は?

  4. 結婚相談所で上手に断る方法

  5. 女性が結婚したい芸能人とは

  6. モテる人の共通点とは


新着記事

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP