結婚相談所でモテる男性について

最近は婚活パーティーや婚活サイトなど、気軽にできる婚活もありますが、それらで結果を出せなかった男性が、結婚相談所への登録を考える事も多いようです。
ただし、結婚相談所に登録すれば、すぐにでも良い相手が見つかって結婚できるのかと言えば、もちろんそんな事はありません。
結婚相談所には大勢の男女が登録しており、その中で希望条件に合うお相手を探していく訳ですが、現実的な話をすれば、モテる条件を持った男性の方がどうしても人気があるのです。
こちらでは、どんな条件の男性であれば結婚相談所でモテるのか、詳しく解説したいと思います。

結婚相談所で女性が求める男性の条件

あるアンケートによると、女性が結婚相手に求める条件のランキング上位は次のようになっています。

  1. 性格が合う男性
  2. 思いやりがある男性
  3. 収入が安定している男性
  4. 一緒に居て癒される男性
  5. 食事の好みが合う男性

意外かもしれませんが、安定した収入は3位であり、世間で言われるような高身長・高学歴などはランキング外です。
現在の女性にとっては、いわゆる「三高」という条件は、その方が良い程度のレベルで認識されているようです。


経済力

ランキングでは3位だった収入ですが、やはり結婚生活において男性の経済力というのは、とても大切な物です。
共働きの世帯が増えているとは言え、女性は出産などで収入が無くなる可能性もあるので、基本的には男性の収入で家計を支えるという考えが定着しているからです。
結婚相談所での男性の平均年収は400~500万円程度になっています。
最低でも200~300万円ないと入会審査が通らない結婚相談所が多いようです。
特に審査基準が厳しい傾向のある仲人型の結婚相談所では、比較的年収が高い男性が多く在籍しています。
女性側としても年収1,000万円以上というような極端な希望を出す人はあまりいませんが、できれば年収は500万円以上の男性を希望するケースが多くなっています。


身長

高身長であることは女性にとって結婚の絶対条件ではありませんが、できれば自分よりは背の高い人が良いというのが本音ではあると思います。
男性への希望身長を記載する欄には、多くの女性が170cm以上と書いています。
しかしだからといって身長が低かったら結婚できないということはありません。
身長が低くても、それ以外で魅力をアピールできればなんの問題もないのです。


学歴

世間一般で言っても、学歴が高い男性の方が結婚に有利であるというイメージがありますが、実際に結婚相談所でも学歴が高い男性の方がモテる傾向はあります。
結婚相談所の多くは入会時に学歴証明書の提出を求めています。
中にはある程度以上の大学を卒業していなければ入会できないような、結婚相談所もあります。
ただし、学歴というのはあくまでも過去の実績に過ぎません。
いくら一流と言われる大学を卒業していたとしても、現在の仕事や生活が安定していなければ、それは何の意味も持たないのです。
学歴にコンプレックスを感じる必要はありません。
逆に高学歴だけをアピールしても、モテる事はほとんど無いでしょう。

こんな男性がモテる

ある時期、高収入・高身長・高学歴の「三高」と言われる男性がモテた事がありました。
しかしそれは過去の話です。
今女性は男性の中身を特に見ています。
ここでは結婚相談所でモテる男性のタイプを見ていきます。


一緒に居て楽しい人

初めて2人が会う事になるお見合いでは、男女ともに緊張すると思います。
そんな時にちょっとした会話などで、相手を盛り上げることができればモテる男性と言えるでしょう。
何もお笑い芸人のように、笑いを取りにいく必要はなく、そんなことをすればかえって失敗した時は目も当てられません。
ただ相手の気持ちを考えて、相手を楽しませるようなちょっとした気遣いができるようなら、そのお見合いは成功する可能性も高くなります。
長い人生を共に過ごしていくのが結婚ですから、できれば一緒に居て楽しい人を選びたいと思うものなのです。


小さなプレゼント

結婚相談所では女性へのプレゼントに対して、特にルールを決めている所は無いと思いますが、お見合いの際に小さな花束やお菓子の詰め合わせなどを準備して、女性にプレゼントする男性もいます。
これはとても効果的な事と言えます。
緊張している時にはそのプレゼントのおかげで、気持ちがほぐれることもあります。
女性にとっては何をプレゼントされたか、というよりも、事前にプレゼントを自分の為に選んでくれたという、気持ちが嬉しく感じられるのです。
そんなさりげない心遣いができる男性はモテると言えるでしょう。


包容力や決断力がある

包容力や決断力のある頼りがいがある人は、女性にモテる男性と言えます。
女性は男性に守られたいと思っている人が多いです。
何かを決める時には、正しい決断をして欲しいと思っています。
何があっても助けてくれて、大切にしてくれるような、そんな包容力も求めています。
長い結婚生活では、重要な決断を迫られる場面も多くあります。
そんな時に優柔不断で決断できないような男性や、物事がうまくいかない時に投げ出すような男性とは結婚したくないでしょう。


明るくてさわやか

明るくてさわやかな男性は結婚相談所でもモテるでしょう。
これは男女問わずだと思いますが、誰でもネガティブで暗い人よりは、明るくてさわやかな人と過ごしたいと思うものでしょう。
プロフィールの写真を撮影する時もなるべくさわやかな服装で、明るい表情を心掛けましょう。
また第一印象は大切です。
お見合いで初めて会う時には、明るく挨拶してさわやかな印象を持ってもらえるように努力しましょう。
その時だけさわやかになろうとしても無理がありますから、普段から明るくさわやかな表情を意識するようにすれば、自ずとモテる男性になることができるでしょう。


仕事に誇りを持つ

お見合いの席で、勤めている会社への文句や仕事の愚痴を言うようなことは止めましょう。
嫌々、仕事をしているような男性に、女性は魅力を感じません。
結婚したらその仕事で生活を支える事になるのですから、その仕事に対して後ろ向きな発言をする男性には、女性は不安を感じるでしょう。
自分の仕事に誇りを持って、生き生きと仕事をしている様子の男性はモテると言えます。

条件が良くてもモテない男性

たとえ条件が良かったとしても、結婚相談所ではそれだけで女性から選ばれる訳ではありません。
こちらでは条件が良くても女性にモテない男性の特徴を見ていきましょう。


若い女性だけを希望する

婚活の場面では、男性は年下の女性を、女性は年上の男性を希望するケースが多いのは事実です。
一般的に結婚における男女の年齢差は、5歳程度が良いとも言われますが、男性は自分の年齢が上がるほど、若い女性と結婚したがる傾向があります。
芸能人であればかなりの年齢差の結婚というのも珍しくはないかもしれませんが、一般人においては、それはそうそうある事ではありません。
結婚相談所で40代の男性が20代の女性と結婚するといったケースは、ほぼゼロに近いと言っても過言ではないでしょう。
それにも関わらず、若い女性を希望する男性は居ます。
単純に若い女の子が好みだという人もいれば、子どもが産める女性が良いという人もいるでしょう。
いずれにしても若い女性だけを希望するような男性はモテません。
若い女性からも、「年齢だけで選んでいるのでは」と思われて、敬遠されるでしょう。
お相手の年齢は結婚相手の条件としてはある程度大事なことかもしれませんが、あくまで条件の1つとして考え、他の魅力があれば年齢は譲歩するなどの柔軟性が必要です。


金銭感覚がルーズ

趣味やギャンブルなどにお金をつぎ込むような男性は、女性に不信感を与え結婚相手としては選ばれません。
借金癖や浪費癖など、自分の収入に見合ったお金の使い方ができない男性は、独身のうちに改めておかなければ、結婚相談所に限らず結婚は難しく、もし結婚したとしても上手くいかなくなる可能性が高くなります。

女性は男性よりも金銭感覚がシビアな傾向にありますから、男性にとってはちょっとした、たまの贅沢というつもりでも、単なる浪費と捉えられてしまう事もあります。


お金に細かい

金銭感覚がルーズなのと同じくらい、お金に細かい男性も嫌われます。
デートのお店がファミレスや大衆居酒屋だったり、お支払いも細かく割り勘にされたりすると、大抵の女性はその男性に幻滅するでしょう。
また自分はその程度の価値しかないのかと、がっかりもするでしょう。
結婚相談所での交際中は、基本的に女性の分も男性が支払うのがマナーです。
「ケチ」というイメージは大きなマイナスです。
相手の女性を大事に思うのであれば、それなりの対応が必要なのです。


不潔

男性が最も気を付けなくてはいけないのが、清潔感のある身だしなみをするという事です。
女性は男性の細かい身だしなみにも注目しています。
たとえ高級な服を着ていてもしわや汚れがあったら台無しです。
特に袖や襟の汚れ、また爪が伸びているなど、不潔と感じられるような事があれば、女性は嫌悪感を持ち、もう2度と会いたくないとすら思うかもしれません。
特に結婚相談所での交際では、TPOを意識した清潔感のある身だしなみに気を付けることが、とても重要です。


悪口や愚痴が多い

他人や会社の悪口や愚痴ばかり言う男性は、女性から人気は無いでしょう。
結婚してからも毎日悪口や愚痴などネガティブなことばかり聞かされるのかと思ったら、そんな人とは結婚したいと思わないものです。
悪口や愚痴ばかり言う男性は、頼りなくて他人のせいにする人という印象を持たれてしまいます。


嫉妬や束縛

結婚相談所での婚活には、仮交際というシステムがあり、本交際に入る前であれば他の異性とお見合いやデートをしてよいという期間が設けられています。
しかしこの時、女性が他の男性とも会っていると知って、嫉妬する男性が少なくないようです。
軽い嫉妬は大切にされていると感じられるかもしれませんが、それも限度を超えてくると迷惑行為になります。
仮交際というのは結婚相談所が決めているシステムです。
結婚相談所というのは恋愛を楽しむ場所ではなく、結婚相手を効率的に見つける場所であり、度を超した嫉妬や束縛は、迷惑以外の何物でもありません。
結婚後もこんなに縛られるのかと思うと、そんな男性とは結婚したくないと思われてしまうでしょう。


他人の話を聞かない

お見合いやデートの場で、自分の話ばかりして相手の話を聞かない人は嫌われてしまうでしょう。
結婚相談所では実際に女性からそういった相談がよく寄せられるそうです。
それだけ相手の話を聞けない男性が多いという事になります。
もし心当たりがあれば、お見合いやデートの場に限らずどんな相手との会話であっても、これからは自分の話をしたら、次は相手の話を聞くように、心掛けてみましょう。
自分の話をしっかり聞いてくれる男性を、女性は好ましく思うものなのです。

まとめ

結婚相談所でモテる男性のタイプと、逆に嫌われてしまう男性の特徴について説明してきました。
女性は精神的にも金銭的にも、自分を支えてくれる男性求めています。
身長や学歴など、今からではどうする事もできないような条件にコンプレックスがあったとしても、それ以外の部分に魅力があれば、女性は好ましく思ってくれるものです。
自分に自信を持てるように、自分磨きに力を入れてみて下さい。
様々な条件がありますが、結婚してから大事なのは価値観の一致や、一緒にいて自然体でいられるかどうかといった、内面の部分が大きくなります。
自分に足りないと思う所があれば改善し、モテる男性を目指して下さい。


関連記事

  1. 用意する写真は超重要

  2. 40代の方が成婚する為の基礎知識

  3. 結婚相談所を利用する流れやルール

  4. 入会や登録する際の必要書類

  5. 結婚相談所の交際期間はどのくらい?

  6. できるだけ早く結婚したい人は結婚相談所


新着記事

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP