お見合いをする際の流れやルール

お見合いのルールや流れとマナー

結婚相談所に登録して希望の条件のお相手が見つかってお互いに会ってみたいと思えば、お見合いする事になります。
逆に言えばお見合いしなければ、それ以降の交際や成婚へ進む事はできません。
この結婚相談所でのお見合いには、通常のお見合いとは違ったルールや流れがあります。
そのルールや流れを知らないと、お相手からお断りされてしまう可能性もあるくらい重要な事です。
こちらでは結婚相談所におけるお見合いでのルールや流れ、またマナーなどについて詳しく解説していきたいと思います。

お見合いまでの流れとルール

まずは結婚相談所でお見合いに至るまでの流れとルールを見ていきましょう。


お見合いの申し込み

一度お見合いを申し込んだら、やっぱり気が乗らない、会うのが面倒などといった、こちらの都合で取り消すことはできません。
お見合いを申し込んで、相手から承諾された場合には、必ずお見合いは行われます。


お見合いを申し込まれたら

お見合いを申し込まれた場合には、できるだけ早めに返事をするのがマナーです。
お見合いを申し込まれて返事をするまでにあまり時間が空くと、相手の気持ちも冷めてしまうかもしれませんし、相手に別のお見合いのお話が来る可能性もあり、せっかくのご縁を失ってしまうかもしれません。
お見合いを申し込まれたら、たとえ断る場合であっても、遅くとも1週間以内には返事をするようにしましょう。


お見合いの日程調整

お互いお見合いする意志があるようならば、お見合いする日程を決める事になります。
それぞれ可能な日程を何日か考え、なるべく早めに担当アドバイザーに伝えます。
こちらもお見合いが決まってからあまり間を空けると、相手の気持ちが冷めてしまう可能性があります。
なるべく時間を空けずにお見合いする事によって、交際に発展する可能性も高くなります。
お見合いの場所ですが、ホテルのラウンジなどで行う事が多くなります。
結婚相談所によって、アドバイザーが付き沿う場合とそうでない場合があります。
お見合いが決まったら、相手と会った時に会話に困ったりする事のないように、相手のプロフィールをよく見て、興味のある事や趣味などについて事前にリサーチするなど、準備を怠らないようにすると良いと思います。

お見合い当日の流れとルール

お見合いの当日、最も注意するのはまず遅刻しないという事です。
遅くてもお見合いに会場には20分前には着いておきたいものです。
一度レストルームに行き、身だしなみをチェックして気持ちを落ち着けるくらいの余裕は持つようにしましょう。
万が一、電車が止まったなどの非常事態で遅れてしまいそうな場合には、必ず担当アドバイザーに連絡を入れるようにしてください。


お見合いの開始

2人だけで会う場合、相手を見つけたら男性側から女性に声をかけるのがマナーです。
男性から女性に、今日来てくれたことに対してお礼を伝えると、好印象を与えることができます。
携帯電話はマナーモードにしておきましょう。
もちろん喫煙はNGです。
服装については、男性はスーツもしくはジャケット姿が基本です。
真夏などの場合にはノーネクタイでも問題はありませんが、お見合いにふさわしい服装であることは重要です。
普段着のTシャツやジーンズなどはもちろんマナー違反です。
髪型やひげ、爪などにも気を付けましょう。
女性はワンピースやスーツなど、シックな装いが無難です。
露出の多い服装や、派手過ぎる服装は避けた方が良いでしょう。
化粧やネイルなども、派手過ぎないようにしましょう。


お見合い中の会話

お見合いが決まったら、事前に相手のプロフィールを見て共通の趣味などがないかチェックしておくと、会話も弾みます。
またもし自分が知らない事や興味がない事でも、相手に教えてもらうというスタンスを取ると、会話が広がるでしょう。
お互いが受け身の態度では盛り上がりませんし、どちらか一方が気を使って話題を提供し続けるのも疲れてしまって、その後の交際につながりにくくなります。
お互いがコミュニケーションを取ろうと努力する姿勢が大切です。
もし会ってみたらタイプではなかったり、フィーリングが合わないと感じたりした場合でも、不機嫌な態度を取るのはマナー違反になりますので気を付けるようにしましょう。
尚、次のような会話や態度は、お見合いではNGです。

  • 自分の話しかしない
  • 相手の話を聞かない
  • 他人の悪口
  • 仕事の愚痴
  • 結婚相談所に登録している理由を聞く
  • 相手の今までのお見合いや婚活について聞く
  • 結婚の希望条件を言う
  • 喫煙
  • 貧乏ゆすり
  • 声が大きすぎるまたは小さすぎる
  • 全くしゃべらない
  • 偉そうな態度
  • 不機嫌な態度
  • 連絡先を聞く
  • 自慢話ばかりする

もしお見合いの最中に会話に困ってしまったような時には、自分の好きな事を伝えて、それについて相手にも質問すると良いかもしれません。
例えば「私はイタリアンが好きなのですが、○○さんは何料理が好きですか?」とか「どこかお勧めのお店はありますか?」などと質問すると、会話が広がっていきます。


お見合い当日の時間

お見合いの時間は、一般的に1時間から1時間半程度が目安です。
その間に、もう一度会ってみたいと相手に思ってもらう事が大切です。
いくら相手を気に入ったからと、最初からあまり長い時間一緒に過ごすと、緊張もあり疲れてしまいます。
そうなると次につながりにくくなってしまう可能性もありますので、お見合いは1時間から1時間半で切り上げるようにしましょう。

お見合い終了時のマナー

お見合いが終わっても気は抜けません。
お互いが別れて帰途につくまで、お見合いは続いています。


会計

お見合いでは支払いは男性側がするのがマナーです。
アドバイザーも付き添っている場合には、その分も男性が支払います。
ここで万が一にでも割り勘にしようすると、せっかく気に入ってもらっていたとしても、お断りされる可能性がとても高くなってしまいます。
また一方の女性も支払ってもらって当然という態度は厳禁です。
ごちそうさまでしたとお礼を言うのが当然のルールです。


近くの駅まで送る

近くの駅まで女性を送るのは男性としてのマナーです。
これで女性からも好印象を持ってもらえるでしょう。
特に夜遅くの場合には、一人で女性を帰らせるようなことはせず、人通りの多い所まででも送るようにしましょう。
ただし車の場合には、初対面で送ると言われても女性も戸惑いますので、遠慮しましょう。


交際の返事

お見合いが終わったらその日のうちか、遅くとも翌日には担当のアドバイザーに結果を報告するようにしましょう。
ここでも時間をかけすぎると相手の熱が冷めてしまう可能性があります。
あまり深く考え過ぎずに、もう1度会ってもよいと思えるのであれば、交際希望とお返事をすると良いと思います。
お互いが交際希望であれば、連絡先をアドバイザーを通して交換する事になります。
最初の連絡はその日のうちに男性からするのがマナーです。
もし事情があってその日に連絡出来ない場合には、その旨メールするかアドバイザーに事情を伝えておいてもらいましょう。
連絡先を伝えたのに連絡がないと、相手も不安になってしまいます。
相手を不安な気持ちにさせないというのも、マナーの1つと言えます。

お見合いで断られる理由

お見合いをして相手からお断りされる理由は様々です。
男女別に見て行きましょう。


男性が女性を断る理由

  • 服装やネイルが派手
  • 持ち物がブランド物ばかり
  • 結婚後の条件をいきなり言われた
  • 自分の興味のない話に反応しない
  • 自分からは話題を一切振らない
  • 質問にちゃんと答えない
  • 自分の趣味を否定された
  • 価値観が違う
  • 今までのお見合い回数や婚活の状況を聞かれた
  • 支払いしてもお礼を言われなかった
  • 上から目線だった
  • お見合い中にメールをチェックしていた
  • 写真と実物がかけ離れていた

女性が男性を断る理由

  • 結婚後の条件をいきなり言われた
  • 自分の興味のない話に反応しない
  • 自分からは話題を一切振らない
  • 質問にちゃんと答えない
  • 自分の趣味を否定された
  • 価値観が違う
  • 今までのお見合い回数や婚活の状況を聞かれた
  • 話がつまらない
  • 自慢話ばかりされた
  • お茶代を割り勘にされた
  • 上から目線だった
  • お見合い中にメールをチェックしていた
  • 最初からタメ口だった
  • スーツのサイズが合っていない

こうして見てみると、男性も女性も相手にお断りする理由は共通する部分が多いようです。

まとめ

結婚相談所でのお見合いの流れやルール、またマナーについてご紹介してきましたが、ご理解いただけましたか?
お見合いについて他にも心配な事や不安があれば、担当のアドバイザーに相談すれば、アドバイスしてくれます。
また流れやルール、それにマナーももちろん大切ではありますが、あまりそればかり気にしていては自分らしさが伝わりません。
多少の失敗は恐れずに、目の前にいる相手に向き合うようにする事も大切です。


関連記事

  1. メリットとデメリット

  2. 結婚相談所のサポートサービスについて

  3. 結婚相談所でモテる男性について

  4. 50代の利用者が成功する秘訣

  5. 結婚相談所での正しい交際の断り方

  6. 入会や登録する際の必要書類


新着記事

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP