結婚相談所を利用する流れやルール

意外と知られていない交際中のルールと流れ

結婚相談所に登録したら、自分の希望条件に合ったお相手を紹介してもらう事になります。
そしてお互いの条件が合えば、お見合いで相手と初めて会ってお話し、そこで双方が気に入れば交際の運びとなります。
結婚相談所で交際する場合、通常の恋愛で交際するのとはまた違ったルールや流れがあるのを、ご存じでしょうか。
そこをしっかり押さえておかないと、交際中でもお相手からお断りされてしまう可能性もあります。
そのような事にならないように、結婚相談所での交際におけるルールと流れを確認しておきましょう。

結婚相談所での交際から成婚までの流れ

まず結婚相談所での交際から成婚までの一般的な流れをご説明します。


仮交際

お見合いをして双方が気に入った場合、連絡先を交換する事になりますがそれが「仮交際」のスタートです。
「交際」という名はついていますが、あくまで連絡先を交換しただけで、これから相手のことをもう少し知りたいという段階です。
ですからここで恋人のような接し方をしてしまうのは時期尚早と言えます。
そのような態度を取ると、相手が引いてお断りされてしまう事もありますので気を付けましょう。
この時期は、他の異性ともお見合いしたり連絡を取ったりする事が、結婚相談所から正式に認められています。


真剣交際

仮交際の期間を経て、この人とちゃんとお付き合いしたいと双方が思えば本交際に進みます。
こうなればもう他の異性とは連絡取ったり会ったりという事は禁止で、恋人同士と言える関係となります。
真剣交際に進む際には、男性はハッキリと「結婚を前提にお付き合いして欲しい」という意思を伝えるようにしましょう。
何となく伝わっているのではないか、などとうやむやにすると女性に気持ちは伝わっていない事もあります。
ここで交際が終わりになってしまわないように、きちんと告白する事が大切です。


成婚

結婚相談所での成婚とは、一般的に結婚が成立したことを言います。
結婚相談所によって、成婚の定義は様々ですが、概ね次のようなケースが成婚とみなされます。

  • 結婚を前提に付き合い始めた
  • 結婚の約束をした
  • お互い結婚の意思が固まった
  • 双方の親に挨拶をした

結婚相談所での交際中のルールやマナー

次に結婚相談所での交際中のルールやマナーについてご説明します。


連絡先を交換したら

基本的にお見合いの席でお相手から連絡先を聞くのはルール違反になります。
お見合いの後、双方の担当アドバイザーに相手の印象を伝え、お互いが気に入った場合のみ、アドバイザーを通して、連絡先を教えてもらえるのです。
連絡先を交換したら、その日のうちに男性側からファーストコールをするのがマナーになります。
仕事などの関係で、どうしてもその日のうちに電話ができないという場合には、いつ連絡をさせてほしいという事をメールなどで伝えておきましょう。
またもし相手が電話に出ないような場合には、相手にも事情がありますからしつこく何度も掛けるのは止めましょう。
女性側は男性から着信があって出られなかったような場合には、なるべく早めに折り返し電話を掛けるようにしましょう。
尚、連絡先を交換したにもかかわらず、正当な理由もなく1度も会わないで断るというのはルール違反になります。


初めてのデート

初めてのデートは、できるだけお見合いからあまり時間を空けない方が良いでしょう。
もしデートの最中に思っていた人と違うな、価値観が合わないな、などと感じるような場面があったとしても、その場で不機嫌な態度や不愛想になるのはマナー違反です。
お互い大人ですから、その場は何事もないように振舞うべきです。
また少なくとも最初のデートでは、食事代などは男性側が支払うのがマナーです。
1度目のデートで割り勘にした男性は、そこで交際をお断りされるケースがとても多くなります。
女性が支払いますと言っても、スマートにお断りして支払うようにしましょう。
逆に、支払ってもらって当たり前というような態度を取る女性もまた、1度のデートでお断りされやすいです。
お財布を出して払う意思は見せる方が好感度も上がります。
ご馳走してもらった時には、しっかりとお礼を言うのも当たり前のマナーと言えるでしょう。


交際期間

交際期間中は、少なくとも1か月に1度は担当のアドバイザーと面談し、現在の状況を報告します。
相手の気持ちがわからないけれど聞きにくいなどというお悩みがあれば、アドバイザーを通して聞いてもらってもいいでしょう。
お見合いして本交際に入ってからの期間は、基本的には3か月以内と決めている結婚相談所がほとんどです。
この間に相手と結婚する意志があるのかないのかをハッキリさせる必要があります。
仕事の都合でこの間に会う機会が少ししか持てなかったなど、特別な事情がある時は担当のアドバイザーに相談するようにして下さい。
結婚相談所は結婚の相手を見つけるところですから、結婚の意思なくいつまでもズルズルと交際するのは、お互いにとって時間とお金の無駄になってしまいます。
早めに決断し、結婚の意思がなければハッキリとお断りするのがマナーです。


交際中のルール

結婚相談所での交際期間中には、いくつかのルールがあります。
まず交際を途中でお断りする際には、トラブルを避けるためにも本人が直接言うのではなく、担当のアドバイザーに伝えてもらいます。
また次のような行為は、結婚相談所ではルール違反となり、成婚とみなして退会させられたり成婚料を請求されることもあります。

  • 結婚の口約束
  • 婚前交渉
  • 宿泊を伴う旅行
  • 同棲

またお金の貸し借りや、授受も禁止です。

まとめ

結婚相談所でのルールや流れはご理解いただけましたか?
これらをしっかり理解して、成婚に至れるように頑張ってください。
男性はもしどうやってプロポーズしたら良いか悩んだ場合には、担当のアドバイザーに相談してみましょう。
婚活のプロであるアドバイザーが、効果的なプロポーズのアイデアについて相談に乗ってくれる事でしょう。
女性は結婚が現実になりそうになると、不安が出てきてしまう事もあるかもしれません。
そのような時には自分一人で抱え込まないで、担当アドバイザーに相談することで、案外簡単に気持ちが晴れることがあります。


関連記事

  1. 20代の男女が理想の成婚をする為のポイント

  2. 中高年やシニアの方の利用方法

  3. お見合いをする際の流れやルール

  4. 結婚相談所のパーティーのメリットとは?

  5. 50代の利用者が成功する秘訣

  6. 結婚相談所で必要な書類


新着記事

  1. 登録されている記事はございません。
PAGE TOP