結婚相談所の掛け持ちについて









結婚相談所の掛け持ちは有効か?

日本には数多くの結婚相談所があります。
近年の婚活ブームに乗って、その数は更に増加傾向と言えるでしょう。
結婚相談所への入会を考えた時、その中からどこの相談所を選べばいいのかは、大変悩むところでしょう。

どこの結婚相談所にも特徴があり、ひとつに絞れないという方もいるかもしれません。
そんな時、もしお金に余裕があるのであれば、いくつかの結婚相談所に掛け持ちして登録するというのは、果たして有効なのでしょうか。
こちらでは、結婚相談所の掛け持ちについて考えてみたいと思います。

結婚相談所の多くは連盟に加盟

結婚相談所の多くは、複数の結婚相談所からなる連盟というものに加盟しています。
それは会員の情報を共有化する事で、より多くのマッチングの機会を増やすためです。
日本には主に5つの連盟があり、ほとんどの結婚相談所はその連盟のいずれかに加盟しています。

同じ連盟に加盟している相談所の掛け持ちは意味がない

連盟に加盟している結婚相談所では、自分の相談所に登録している人の情報を連盟のデータベースにも登録します。
会員は連盟が提供しているデータベースから、自分の登録している結婚相談所以外に登録しているお相手の事も検索して申し込みが出来るという事です。

ですから、もし複数の結婚相談所に掛け持ちして登録しようとする時には、同じ連盟に加盟する結婚相談所を選んだのでは、全く意味がない事になります。

連盟に加入しているかどうかわからない結婚相談所も多い

ただし、結婚相談所のWeb情報を見ても、必ずしもどこの連盟に加盟していると表記されているとは限りません。

連盟には加盟しているものの、自社の会員数が多く基本的にはその中でマッチングを行い、お相手がどうしても見つからない場合にのみ連盟の会員を紹介するというシステムを採用している結婚相談所もあります。

またただ意図はなく表記していないという結婚相談所もあるようです。
もし記載がない結婚相談所に興味を持ち、掛け持ちを考えるのであれば、電話やメールなどで問い合わせをしてみるなどして、慎重に判断するようにしましょう。

実際に登録人数は把握不可能

出会いの機会を増やしたいと考えている人は、異なった連盟に加盟する結婚相談所に複数登録しているケースも多いようです。

さらには結婚相談所自体が、いくつかの連盟に加盟しているというケースもあるようです。
その場合には、そこの結婚相談所に登録すれば、自動的に複数の連盟にも登録されるという事になるでしょう。

この状況をみると、それぞれの連盟に登録されている人の何割かは、重複した同じ人であるという事になります。
正確な登録人数と言うのは、結局把握は難しいという事のようです。

まとめ

数ある婚活サービスの中でも、成婚率が高いと言われている結婚相談所ですが、登録を考えるのであればまずはその業界の実態を知る事が必要です。

出会いの機会を増やしたいからと、むやみに結婚相談所を掛け持ちして登録したとしても、費用がかさむだけで充分な効果は得られません。

もし結婚相談所を掛け持ちするのであれば、まずはその結婚相談所が加盟している連盟がどこであるのかを調べてみる必要があります。
その上で、出来るだけ会員情報が重複しない結婚相談所を選んで、掛け持ちで登録をして下さい。


関連記事

  1. 40代の方が成婚する為の基礎知識

  2. 結婚相談所の料金は安い方がいいの?

  3. 結婚相談所を掛け持ちするメリットとデメリットについて

  4. 結婚相談所を利用する流れやルール

  5. 結婚相談所でスピード婚はできるのか?

  6. 結婚相談所の成婚率の実態は?

PAGE TOP