結婚相談所での正しい交際の断り方









結婚相談所で出会ったお相手と何度か会ってみた結果、やっぱり自分には合わないように感じてしまう事もあると思います。
そんな時には、どうしたらうまくお相手に交際のお断りができるのでしょうか。
相手も自分も嫌な思いをせずに、すっきりした気持ちで次に進めるような断り方について、ご紹介したいと思います。

断る事は悪い事ではない

結婚相談所で紹介されたお相手と会ってみたけれど、交際するにはあまり気が進まないという事もあるでしょう。
そんな時、どうやって断れば相手に失礼にならないか、また断ること自体が相手を傷付けるのではないか、などと考え過ぎてしまう必要はありません。
誰にでも気が合わない相手はいますし、フィーリングが合わないと思いながら、いつまでも会い続けることの方がかえって失礼に当たります。
お断りの時にあまりに失礼な態度を取りさえしなければ、相手が失礼と感じることはないでしょう。

交際を断る前にもう一度考える事

結婚相談所で出会った相手に対して、一度交際をお断りしてしまってから、やっぱり断らなければよかったと思っても後悔先に立たずで、もう戻ることはできません。
普通の恋愛では「元さや」などという事もあるかもしれませんが、結婚相談所ではそれは無理です。
ですから、断る前にもう一度本当に断ってよいかどうか、よく考えましょう。
その時に感じている相手への不満は、一時のものである可能性もあります。
冷静になって考えたり、結婚相談所のカウンセラーに相談したりすれば、案外大きな問題ではなく、すぐに解決できるかもしれません。
断る前には特に次の2点について、よく考えてみましょう。

自分の勘違いや思い込みではないか

感じている不満や不安が、自分の勘違いや思い込みではないかということをしっかり確認しましょう。
後から交際を断った理由が、自分の勘違いであったと気付いても手遅れになります。
結婚相談所のカウンセラーに相談して、交際を本当に断わるかどうか決めるようにした方が良いかもしれません。

相手と今後本当に関わりたくないかどうか

この相手と今後本当に関わりたくないかどうか、よく考えた上で交際を断るようにしましょう。
気になるところもあるけれど、良いところもあると感じているようであれば、もう1度会ってみてもよいかもしれません。
実際のところ、結婚相談所以外の場所で出会う異性であっても、100%理想で不満を感じない相手に出会うという事は、なかなかあるものではありません。
最初は良いと思っていても、お付き合いを続ける上でどこかしら気になる部分というものは出てくるものです。
結婚相談所で出会った相手にも100%を求めていたら、結婚までたどり着くのは難しいのではないでしょうか。
とはいえ、よく考えた上でどうしてもうまくはいきそうもないと思うのであれば、早めにお断りするのもマナーの1つです。
無理をして付き合い続けてもうまくはいかないでしょうから、丁寧にお断りを入れましょう。

交際を断る際に気を付ける事

交際をお断りする事は悪い事ではないとお話ししましたが、相手への伝え方には気を配る必要があります。
相手を傷付けたり失礼にあたるような態度を取る事は、絶対にしてはいけない事です。
お断りする時のポイントは次のような点です。
これは結婚相談所での出会いに限った事ではありません。
結婚相談所で紹介された出会いの場合には、相談所のスタッフが間に入って、お断りをしてくれるケースも多くなります。

相手に断りを入れる際のポイント

  • 相手にしっかり聞いてもらえる場所や環境を選ぶようにする
  • タイミングは重要。しっかり時間を取って誠意をもって伝える
  • 基本的には自分で伝えるのがマナー
  • 自分の気持ちが伝えやすくて、相手にも納得してもらえる方法で伝える

お断りの気持ちを伝える手段

お断りの気持ちを伝える手段は主に2つあり、それぞれのメリットは次の通りです。

直接会って、または電話で伝えるメリット

メールやSNSより、丁寧に相手に伝えられる。また、相手の調子に合わせて表現を変える事ができる。

メールやSNSで伝えるメリット

会わずに手軽に伝えられる。自分の気持ちをよく考えて言葉にする事が出来る。

メールやSNSで交際を断る際のポイント

メールやSNSでお断りの気持ちを伝える際にはポイントがあります。

その1 早めに断る

タイミングは考慮する必要はありますが、断る事を決めたらできるだけ早く伝えます。
時間が経てば経つほど伝えにくくなっていきます。

その2 シンプル且つ丁寧に

相手を傷付けないように意識はしながら、シンプルに伝えるようにしましょう。
複雑に言えば言うほど、言い訳がましくなってしまいます。

その3 お礼と祈り

今まで一緒に時間を過ごしてくれたことへのお礼と、今後そのお相手に良い出会いがあるように祈っているという事を伝えましょう。

その4 中途半端にしない

なんとなく中途半端な表現でうやむやにしないようにして下さい。
相手との認識の違いが生じる可能性があり、お互いにとってよくありません。

その5 理由もしっかり伝える

「お断りしたい」という気持ちだけでは、相手も納得しにくいです。
しっかり理由も伝えましょう。ただし相手を傷付けるような表現は厳禁です。

その6 相手の事を考え過ぎない

相手の気持ちを考え過ぎると、うまく伝えられず中途半端になってしまいます。
相手への適度な配慮は必要ですが、自分の気持ちをしっかり伝えるようにしましょう。

交際を断られた時に気を付ける事

結婚相談所では自分と合わないと感じてお断りする事もあれば、逆にお断りされる場面も当然出てくる可能性はあります。
その時に気を付ける事は「気持ちの切り替え」です。
自分がどんなに合っていると思っていた相手であっても、その相手がダメだと思うのであれば、それはもう終わりという事です。
去る者は追わず、の姿勢で、次に進むようにしましょう。

どうしても納得できない時には

もしどうしても納得いかず、なかなか気持ちが切り替えられないという時には、結婚相談所のカウンセラーに相談しましょう。
自分一人で考えていても、突破口は見つからないかもしれませんが、カウンセラーと話しているうちに、前向きな気持ちに切り替えられるはずです。
そしてまた新たな出会いに向けて、行動を開始する気持ちも出てくる事でしょう。

交際を断った後には

自分から交際を断ったケースであっても、気持ちの切り替えは大切です。
自分に合わなかった相手の事をいつまでも考えている必要はありません。
積極的に次のステップに進んでいきましょう。

交際の断り方 まとめ

  1. 断る前にもう1度考えてみる
  2. 正式にお付き合いをしている相手には、誠意をもって会って伝える。
  3. メールで断る際には細かい気配りが大切。誤字脱字にも注意。
  4. 断っても断られても、その後に大事なのは気持ちの切り替え。

関連記事

  1. 用意する写真は超重要

  2. 結婚相談所のサポートサービスについて

  3. 結婚相談所で必要となる源泉徴収票

  4. 結婚相談所を利用する流れやルール

  5. 結婚相談所の交際期間はどのくらい?

  6. お見合いをする際の流れやルール

PAGE TOP